xcodeタグ

ipaファイルを作成して、iPhone実機にインストール

iPhone実機向けにビルドをする方法はいくつかありますが、今回は Procisioning Profile を作ってビルドする手続きを取りました。

すでにわかりやすくまとめてくださってるサイトがありましたので、
ほぼリンクのまとめのみです。

というかここでは、自分の環境依存の説明しかしていないので、
リンク先だけ見ていただいた方がきっと良いです!!

1.証明書の作成

以下サイトで非常にわかりやすくまとめてくださっています。

2.Provisiong Profileの作成

こちらも上記同様です。

3.Xcodeでipaファイルを作成

・Xcodeでipaを作りたいプロジェクトを開く

・Product メニューの Archive から ビルド

・Archiveでのビルドが完了すると、Archivesが開くので Distribute App をクリック

この後、Distributeに関する設定をいくつか質問されるのでそれぞれ設定していきます

・今回はAdHocで出力したいので、AdHocを選択

・ビルド時間を短くするため、BitCode等のオプションをオフに

・証明書とprovisioning profile を選択

・出力に関するまとめが表示されるので、そのままExportを押す

この後、出力先を指定すると、ipaファイルが出力されます。

4.ipaファイルをWebでダウンロードさせる

webでダウンロードさせる場合、ipaファイルを直接開いてもインストール出来ないので、マニフェストの設定を行う必要があります。

こちらは、以下リンク先にまとめてくださってます。

■ ipaファイルをWebからインストールする時のdownload-manifest用plistの作り方
https://qiita.com/seyself/items/e81882d01d6741ada12d